『フード・ディストリビュージョン2017』が大盛況の内に閉会しました。

 

 

今回はフード業界にフォーカスした展示会に出展しました。

フード・ディストリビュージョンは今年第1回目で、

「食品物流業界の改善」をテーマに、現状よりも更なる業務の合理化、効率化、またシステム化・自動化などを目指します。

我々も業務の効率化に役立つシステムを出展しました。

今回もお客様自身で体験していただけるデモ実機を用意し、体感頂きました。

 

 

❶棚の表示器に必要商品数が表示され、誰でも簡単に仕分け作業ができる

デジタルアソートシステム(DAS)

Degital Assort System

❷腕に装着したデバイスが実績を収集。計量器に対してパソコンが不要でコスト削減、どこでも計量も行える

ウェアラブル計量システム

 

 

 

今回はこの二つをメイン展示しました。

 

来場された食品会社様ではまだ人・手作業で行っているところも多く、デジタルアソートシステム(DAS)に大きな注目が集まりました。

 

同会場では、フード・ディストリビュージョン・フードセーフティジャパン・フードファクトリー・自動認識総合展など、

様々な展示会も同時開催しており、大変有意義な時間でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です